発毛剤と育毛剤ってどう違うの?【特徴・使い方】

発毛剤と育毛剤ってどう違うの?

抜け毛対策として発毛剤や育毛剤がありますが、両者はアプローチする部分に違いがあります。

 

 

 

発毛剤は、毛乳頭にある毛細血管から栄養や酸素を吸収し細胞分裂を続け
毛髪を作っている毛母細胞にアプローチし
毛髪が抜け落ちたあと新しく生えてくる毛髪の発育を助けます。

 

一方、育毛剤は今、生えている毛髪にアプローチし成長を促します。

 

 

 

ですから、これから生えてくる毛髪を大切に考える方は、「発毛剤」を、
今、生えている毛髪をさらに成長をさせたい方は、「育毛剤」をということになりますね。

 

発毛には、薬の投与やサプリメントでの栄養補給、外用薬の添付などがあり
発毛環境を整えることにより、毛を太く成長させる効果が期待出来ます。

 

 

 

また、育毛は、育毛剤もありますが、抜け毛を減らし髪を育てるために、
規則正しい食生活&生活を送ると共に
正しいシャンプー法で洗髪するなど頭皮環境を整えることで抜け毛にストップをかけることになります。

 

ちなみに、抜け毛対策としてはこの他に養毛剤もあり、
養毛剤は抜け毛防止と毛髪保護に効果的と言われています。

 

発毛剤、育毛剤、養毛剤の違いを理解し、
あなたの頭皮&毛髪にあった対策製品を選び、抜け毛&薄毛対策をしていきましょう。

 

 

 


このページの先頭へ戻る