禁煙・禁酒したら抜け毛が減った?!【タバコ・お酒と脱毛の関係】

禁煙・禁酒したら抜け毛が減った?!【タバコ・お酒と脱毛の関係】

抜け毛の原因には色々とありますが、タバコやお酒も良くない、悪影響を与えていると言われています。

 

抜け毛の原因の一つにストレスがあり、ストレス発散のために、お酒を飲むなんてことも時にはあるでしょう。
適度なアルコールは、ストレス解消にも効果がありますし、血流の循環も良くなり頭皮の活性化にも繋がりますが、
飲み過ぎは逆効果です。

 

お酒を飲みすぎると血液循環が悪くなり、毛髪細胞にもダメージを与えてしまいますので
過度の飲酒は避けなくてはなりません。

 

タバコは、血管を収縮させてしまい血流も悪くなりますし、酸素の供給も悪くし酸素が体の隅々まで行きわたらなくなり
髪の毛にも必要な栄養を届けることが出来なくなります。

 

また、お酒もタバコもビタミンを破壊してしまうので栄養バランスを崩す原因となり
結果的に脱毛を促進させることになります。

 

 

 

このように、お酒とタバコは抜け毛に大きな影響を及ぼすもので、実際脱毛を食い止めるために、
禁煙や禁酒を試みたら抜け毛が減ったという人も少なくないようです。

 

もちろん個人差はあるようですが、特に、タバコを吸うのを辞めたら抜け毛が明らかに減ってきて
髪にコシや弾力が戻ってきたという人が多いようですよ。

 

 


このページの先頭へ戻る