男性脱毛症の人とそうでない人との違いは?【食生活・ホルモンバランス】

男性脱毛症の人とそうでない人との違いは?

男性ホルモンを原因とし思春期以降に起こる脱毛症のひとつ
「男性型脱毛症」は、脱毛原因の95%にも及ぶと言われています。

 

病名に“男性”がつくことから男性のみに起こる症状と思われている方もおられるかもしれませんが
実は、ホルモンバランスが崩れ男性ホルモンが活発になった女性にも表れる症状です。

 

 

 

男性ホルモンのひとつであるテストステロンが不足することにより、不足分を補うために
5−αリダクターゼ(酵素)によりテストステロンの5〜10倍の脱毛効果を持つ
活性型男性ホルモン・ジヒドロテストステロンに変換されてしまい、薄毛になってしまいます。

 

活性型男性ホルモン・ジヒドロテストステロンを作る5−αリダクターゼには、
皮脂腺に主に存在し皮脂を過剰に分泌さ、脱毛症を引き起こす「T型」と
主に毛乳頭に存在し、毛乳頭の細胞分裂を抑制することで脱毛症を引き起こす「U型」とがあります。

 

 

 

ちなみに、脱毛症でない人にも抜け毛はあります。
抜け毛の本数は性別や体調、季節によっても異なりますが一般的には50〜80本と言われています。

 

50〜80本の抜け毛であればヘアサイクルの休止期に抜け落ちる毛として
正常範囲内で頭皮全体の量に問題はありません。

 

 


このページの先頭へ戻る