脱毛の主な原因〈予防・治療法〉

脱毛の主な原因

脱毛、つまりハゲには遺伝子が関与しているとの研究発表もありますが、
実は、ハゲは、遺伝的要素以上に男性ホルモンが大きく関与していると言われています。

 

また、食事や生活習慣、ストレスなどが引き金となっていることも多いのです。

 

 

 

男性ホルモンが活発になると、「発毛」の指令が発せられ
ヒゲや胸毛、手や足などの毛は濃く太くなりますが、
髪の毛に関してだけは「脱毛」の指令が発せられるために抜け毛が始まるのです。

 

 

 

脱毛症の95%は、男性ホルモンが活発になるために起きる「男性型脱毛症」と言われていますから
脱毛の主な原因はやはり男性ホルモンの乱れということが出来ますが、
それ以外に日常生活、生活習慣により影響を受けることも多々あります。

 

 

 

ストレスは様々な病気をもたらすと言われていますが、発毛にとっても良くありません。
ストレスは自律神経やホルモンのバランスを乱してしまい、その結果血液の巡り悪くなり
毛根に栄養分が十分に行き届かなくなり毛の成長を妨げることに繋がります。

 

また、同様に栄養バランスが偏っていたり睡眠不足が続くと頭皮に栄養が行き届かず
髪の成長の妨げになりますし、タバコも血流を悪くするので毛の成長にはよくありません。

 

それから、皮脂の分泌を活発にする油物や甘い物、
炭水化物の過剰摂取も発毛の妨げになるので注意しましょう。

 

 


このページの先頭へ戻る