髪の毛ってどういう構造になってるの?【基本を正しく知ろう】

髪の毛ってどういう構造になってるの?【基本を正しく知ろう】

 

髪の毛は、中心から外に向かって

  • メデュラ(毛髄質)
  • コルテックス(毛皮質)
  • キューティクル(毛小皮)

と3層構造になっています。

 

 

メデュラの主成分はタンパク質と脂質で外からの刺激を受けると隙間が出来やすい特徴があります。
また、軟毛や赤ちゃんの髪の毛にはメデュラはなく、硬毛でも細すぎるとメデュラなかったり、部分的に切れていたりすることから
太い毛髪にほどメデュラがしっかりしていると言われています。

 

メデュラの役割は現在のところ明確にはなっていませんが、潤いや弾力性を保持すると言われています。

 

 

コルテックスは、毛髪の重さの85〜90%を占める重要な部分で、メラニン色素が含まれており
毛の色や毛質の大半がここで決まると言われています。
また、コルテックスは、毛の弾力を保つ役割も担っています、

 

キューティクルは、メラニン色素は含んできませんが、独特の光沢で艶をもたらすと同時に
毛髪を保護する役割を担っています。

 

 

髪は、毛乳頭が毛母細胞に増殖の指令を発することによって発毛し成長期、退行期、休止期というヘアサイクルを繰り返します。
ヘアサイクルには、個人差がありますが、概ね女性は4〜6年、男性は3〜5年です。

 

男性脱毛症の場合、ヘアサイクルが乱れ毛が十分に成長しないまま抜け落ちるようになり、
毛が段々と細く短くなることにより休止期の毛が増え、薄毛、ハゲへと進んでいくのです。

 

 

 


このページの先頭へ戻る